九州新幹線筑後船小屋駅、匠の技が織りなす久留米絣、船小屋の炭酸泉、そして恋の神様がちんざする恋木神社。筑後市には、まだまだ魅力がいっぱいです!

35meguri_banner

第35回絣の里巡りin筑後

pamphlet_en

pamphlet_en

rennaiken

rennaiken

Googleカレンダー

ニュース&トピックス

第4回筑後七国酒文化博

2018年3月22日

筑後七国は、この地域を流れる矢部川の清流と、豊かな米のめぐみを生かして、昔から密かな酒処として知られてきました。2013年にIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)で最優秀賞「チャンピオン・サケ」の称号を手にした喜多屋(八女市)を筆頭に、九つの酒蔵がそろって、自慢の日本酒や焼酎を取りそろえます。飲み比べ(有料)も可能です。花魁道中などステージも予定されています。

■日 時: 4月7日(土)12:00-18:00

■場 所: 九州芸文館(筑後市津島1131)

■問合せ: 九州芸文館 tel0942-52-6435

ちくごシアワセ女旅vol.9(2018年春夏版)

2018年3月8日

ちくごシアワセ女旅は、普通なら通り過ぎてしまう「筑後市にある素敵なひと・もの・風景と観光客をつなぐ」をコンセプトに、筑後のいいものを詰め合わせた体験プログラムです。期間中に8プログラムを開催します。申込受付は3月20日(火)10時から、先着順での受付となります。
ちくごの「いいもの。」詰合せ。ちくごシアワセ女旅だけの、特別体験はいかがですか?皆様のご参加、お待ちしています!(料金、定員、時間は、公式HPにてご確認ください。)

【プログラム】
●4月22日(日)/母の日に贈りたい!花と光のインテリア 今話題のハーバリウムづくり
●5月19日(土)/恋木神社で女子力UP!~太陽の光をあびて、キレイを手に入れる朝ヨガ!~
●5月20日(日)/パパっとパン教室!~手作りベーグルサンドで、美味しい筑後ピクニック!~
●6月23日(土)/野菜ソムリエpro輝ちゃん家でトマト収穫&トマトたっぷりランチ
●6月24日(日)/見るだけでシアワセ気分!多肉女子会~マイ寄せ植え体験~
●7月1日(日)/いちご農家さえちゃん直伝 恋するあまおうジャム作り~ジャムを使ったおやつ付~
●8月5日(日)/朝摘みブルーベリーはいかが?野菜ソムリエゆみちゃん家で天然酵母パンを使ったブランチを
●8月26日(日)/いまが旬!もぎたての「梨」を楽しむ!~梨を使った贅沢デザートを作ろう~

■リンク:ちくごシアワセ女旅公式HP https://www.onnatabi.com/

■問合せ:筑後市観光協会 Tel 0942-53-4229

第30回石人まつり

2018年3月5日

会場の石人山古墳一帯には、ソメイヨシノやヤマザクラなど約600本の桜の木があり、開花の時期を迎えます。石人山古墳は、筑後市から広川町にかけて存在する大型の前方後円墳で、今から約1500年前に造られたものだそうで、武装石人が立っているのが特徴です。
古代人を偲ぶ桜祭りで、古墳を身近に感じてもらおうと、古墳の説明や満開の桜の元、野点やバザー、新鮮野菜が並ぶ青空市場などが催されます。大正琴や赤坂太鼓の演奏を楽しみながらのお花見は格別です。

■日 時:4月1日(日)11:00-15:00

■場 所:石人山古墳(筑後市一条)

■その他:30回記念として、まつり最後のお楽しみ抽選会に

①桜の植樹権(小石原焼きにお名前を彫って、桜に架けます)

②柳田選手や松田選手などホークス選手のレプリカサインボール

■問合せ:石人まつり実行委員会(事務局:筑後市観光協会)

tel 0942-53-4229

ニュース&トピックスをもっと見る

 

ちくてく新聞 最新記事

RSS ちくてく新聞 最新記事