温泉

筑後市には良質の温泉が湧き出ています。
温泉に入って一日のんびりするのもいいですよ。

船小屋温泉郷

hotspring001

泉質
含鉄炭酸泉

効能
胃腸病、貧血症、婦人病、神経痛

船小屋鉱泉の由来

船小屋では昔からわき水が吹き出ており、この上を飛ぶスズメがよく落ちていたため、『雀地獄』と呼ばれていました。文化年間(1804~1818)、難病で苦しんでいた老人が病の苦しさからいっそのこと死んでしまいたいと『雀地獄』の水を飲み、その中に浸りました。ところが、死ぬどころか気分がよくなり長年の病気が楽になり、一ヶ月もすると治ってしまいました。この噂が広がり、近くの村々から湯治客がやってくるようになったため村の大庄屋が井戸を掘ることを決め、有馬藩の殿様に願い出て井戸を掘ったのが船小屋温泉の始まりとされています。浴場が完成すると、鉱泉の評判が広まり、多くの人が集まるようになりました。明治19年の分析の結果、この泉は含有量日本一の含鉄炭酸泉で、飲用して胃腸病・貧血症・浴して婦人病・神経痛などに効果があることが分かりました。
その後、船小屋温泉は戦傷軍人の湯地場に指定され、多くの文化人にも愛され夏目漱石も浴しました。鉱泉場の北側には漱石が読んだ句『ひやひやと雲が来るなり温泉の二階』の碑があります。また、昭和天皇や秩父宮殿下の訪問の際の宿泊もありました。

温泉の成分

温泉名
船小屋鉱泉温泉

泉質
含鉄(Ⅱ)・二酸化炭素-マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉(低張性・弱酸性・冷鉱泉)

温泉の分析年月日
平成21年12月3日

適応症、禁忌症及び注意事項

飲用の適応症
慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病、慢性便秘、貧血

飲用の禁忌症
腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの、甲状腺機能亢進症のときはヨウ素を含有する温泉を禁忌とする、下痢の時

※飲用上の注意
飲用療法に際しては、温泉について専門的知識を有する医師の指導を受けることが望ましいこと。
温泉飲用の1回の量は一般に100mlないし200ml程度とし、その1日の量はおおむね200mlないし、1,000mlまでとすること。
一般には食前30分ないし1時間がよい。
含鉄泉引用の直後にはお茶、コーヒーなどを飲まない。夕食後から就寝前の飲用はなるべく避けることが望ましい。

浴用の適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、高血圧症、動脈硬化症、月経障害。

浴用の禁忌症
急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、肝不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)

※浴用上の注意
食事直前・直後の入浴は避けることが望ましい。
飲酒しての入浴は特に注意する。

 川の駅船小屋 恋ぼたる温泉館

hotspring002

筑後広域公園内にある「恋ぼたる温泉館」は、「和のくつろぎ」と「都会的なスパ」をイメージした2つのタイプの内湯と露天風呂があります。泉質は、マグネシウム・ナトリウム・炭酸水素塩温泉。一般的に炭酸水素塩温泉は美肌効果が高く、「美人の湯」と呼ばれています。また、マグネシウムには、鎮静効果があります。施設の外には、無料で楽しめる足湯もあり、憩いの場となっています。

住所
筑後市大字尾島298-2

お問合せ
TEL:0942-52-8866

営業時間
10:00~21:00(最終受付20:30)

休館日
毎週火曜日
(5日、15日、25日又は祝祭日が火曜日の場合は営業致します。翌水曜日が振替休館となります。)
※足湯は休館日は営業しておりません。

入浴料
大人(中学生以上)500円、小人(4歳以上)250円

駐車場
有り

ホームページ
恋ぼたる | 川の駅 船小屋 | 福岡県筑後市

交通アクセス
JR筑後船小屋駅から徒歩15分
西鉄バス「筑後船小屋バス停」「筑後広域公園バス停」より徒歩1分
九州自動車道 八女ICより約8分
九州自動車道 みやま柳川ICより約8分